鶴川ショートムービーコンテスト

グローイングアップ映画祭
鶴川ショートムービーコンテスト


みんなで創る、みんなで育てる、鶴川映画祭!

鶴川ショートムービーコンテスト2021 上映会&授賞式

鶴川ショートムービーコンテスト授賞式

鶴川ショートムービーコンテスト2021 上映会&授賞式が2021年11月23日に開催されました。
受賞内容に関しましては授賞式&イベント実績をご覧ください

2021年度入賞者作品

コドクのナギ

『コドクのナギ』
村口知巳監督

・あらすじ
感染症の広がる世界で、女の子のナギは、あらゆる人との関係を捨て孤独に生きることを決める。でもそれは、世界に絶望したからではなく、孤独のままでも幸せに生きる方法を見つけたいと思う、ナギの前向きな決意があったからだった。
・観客へのメッセージ
世界中にたった一人だけでもいいので、この作品が誰かの心に届きますように

のぞみ

『のぞみ』
月足直人監督

・あらすじ
少女”のぞみ”には借金まみれで育児放棄する母がいました。ある日、借金一括返済のために10万円分のスクラッチをのぞみに削らせる金融屋。母との幸せな日々を再生するために、のぞみはスクラッチを削っていく…
・観客へのメッセージ
重いテーマですが、コメディ要素も含んだシュールなブラック作品になっていますので気楽にご覧ください。

パンデミック

『パンデミック』
小池大智監督

・あらすじ
未知のウイルスが蔓延する2021年。突如変異したウイルスは世界を更なる恐怖へと包み込む。
・観客へのメッセージ
見て頂きありがとうございます。皆さんも付けましょう。マスク。

雨のまにまに

『雨のまにまに』
金澤勇貴監督

・あらすじ
18歳、6月、雨の放課後。 今日は、アイツの誕生日。 校門で光一を待ち伏せる夏美。 (渡したい物があったのに、後輩から貰ったか知らないけど、そんな立派な花束持ってたら渡せないじゃん……。) 「行こうぜ」 心の声を抑える夏美を尻目に、光一が放った一言で、どこにでもある、2人だけの特別な時間が動き出す。
・観客へのメッセージ
「あの頃」を”思い出す”人にも”羨む”人にも楽しんでもらえたら幸いです。ちなみに監督は後者です。

公園の鍵

『公園の鍵』
稲葉雄介監督

・あらすじ
「私の兄は子供の頃、野球が大好きでした」。古いアパートに暮らす兄妹。仕事が続かず冬 の間ずっと家に閉じこもっていた兄は、春がきて暖かくなると外に出かけていく。独自の時間 の流れの中に生きる兄と、それをそばで見守る妹。二人の間の不穏な空気。
・観客へのメッセージ
映像ならではの良さを追求しました。最後までご覧いただければ幸いです。よろしくお願い します。

ザ ・コタツ

『ザ ・コタツ』
山口十夢監督

・あらすじ
久しぶりに鍋パーティを開催したテルオとかつてサークル仲間たち。そんな彼らを突如襲ったのは殺人コタツだった! 次々と出てしまう犠牲者たち、、、。果たして彼らはコタツから抜け出すことができるのか。地獄の鍋パーティが今、幕を開ける!
・観客へのメッセージ
アホやなあと言ってもらえると幸いです。

うずのたつまき

『うずのたつまき』
クラノマサキ監督

・あらすじ
ママが入院中の、小さな男の子の物語。大人たちから「ママは悪霊と闘っている」と伝えられて いる。強いママだから、悪霊なんかに絶対負けないと信じながらも、一向に退院できない日々。男 の子は、悪霊を退治するのは、自分と決め、そして小さな世界で挑んでいく。
・観客へのメッセージ
少しでも、なにか心が動いてくれると嬉しいです。

8月2日の約束

『8月2日の約束』
望月亜実監督

・あらすじ
老女糸は、今日もまた樹齢500年の銀杏の大木の前に佇んでいた。 75年前、空襲で記憶を失いずっと何か大切な事を置き忘れてきた気がしてならない。 ある日、愛する人との駆け落ちの約束を思い出す。 そして命懸けの約束が今、途切れていた75年の時を繋ぐ
・観客へのメッセージ
15分という短い尺ですが、スタッフ一同愛情込めて挑戦した作品です。少しでも多くの方に見てもらいたいと思います

ANDROMEDA 月面の戦い編

『ANDROMEDA 月面の戦い編』
立石基史監督

・あらすじ
月面第4都市ラヴェル周辺で重力場の異変が発生。直後、侵略者の母船が出現し無数の揚陸ユニットを放出。 哨戒中の防衛艦隊との通信は途絶え、基地にはエーバー戦車隊と機動兵器ガズが展開するのみであった。 果たして彼らは艦隊が戻るまで死守できるのか…
・観客へのメッセージ
未来を信じ抜けば、運命は変えられる。 なぜ今ここにいるのかその意味に目覚めよ。人類の命運をかけた物語。

わからない

『わからない』
大原秀斗監督

・あらすじ
テレビ制作会社へ就職をめざす大学生S。コロナ禍で、「就活やめよっかなー」と呟きながらもオンライン面接を繰り返し、パソコン画面に向かって頭をさげるが、 来るのは「お祈りメール=不採用」ばかり。制作会社の最終面接に挑むのだが・・・
・観客へのメッセージ
コロナ禍でパソコンだけを相手に就活する異様な光景と息苦しさを、アイロニーをもって見てもらいたい。

ヤギンピック体操女子種目別飛び降り決勝

『ヤギンピック体操女子種目別飛び降り決勝』
れきな監督

・あらすじ
ヤギなどの動物の人形がオリンピックを行います。競技は、体操女子種目別飛び降り決勝。地上から12mの高さに設置された板から、動物ならではの回転技を行いながら一気に飛び降ります。白熱の競技をヤギテレアナウンサーと解説者二人でお送りします。
・観客へのメッセージ
動物の人形達にしかできない、独自の回転やひねり技にご注目ください。

空蝉の声

『空蝉の声』
堀井 彩監督

・あらすじ
2008年、娘が誕生し、僕は映画を作るのをやめる。リーマンショックのため、仕事が斜陽で忙しくなったこともある。しかし、震災の一か月後、会社は倒産。40歳を過ぎて新たな職業は見つからず、職業訓練学校に行きながら、再び自主映画で映画制作を始めた…。
・観客へのメッセージ
映像による私小説というか、独白のようなものです。ドラマとは異なりますが、ぜひご覧ください

亀と余生と、しあわせと

『亀と余生と、しあわせと』
荒尾奈那監督

・あらすじ
東京都・大田区。ものづくりの達人が集うこの場所に、私のじいちゃんとばあちゃんは住んでいる。結婚して50年。日本の高度経済成長期を支えた昭和の夫婦は、令和のいま、人生を振り返る。孫の目に映った、しあわせな余生と夫婦の愛のドキュメンタリー。
・観客へのメッセージ
じいちゃんとばあちゃんの生き様が、あなたの余生の、そしてしあわせを考えるヒントになりますように。

Dal Segno

『Dal Segno』
三宅美奈子監督

・あらすじ
2026年の日本。感染症のパンデミック後に一変してしまった世界で、光と杏奈は人々に向けてとある「授業」を始めようとする。ふたりの言葉は誰かに届くのか。そもそもふたりは何者なのか。これはディストピアのような現在を生きる私たちを切り取った物語です。
・観客へのメッセージ
初めての緊急事態宣言下の、実際の映像を見て何か思い出していただければと思います。

Distance

『Distance』
日髙みどり監督

・あらすじ
私は誰かと通じ合いたいと思う一方で、その「誰か」との距離感を上手くつかめずに不安になったり、疲 れてしまうことがよくあります。自分にとっても、相手にとっても、心地良い距離って何なんでしょう?
・観客へのメッセージ
あなたにとっての「誰か」との距離について、考えるきっかけになったら良いなと思います。

橋の下で

『橋の下で』
瑚海みどり監督

・あらすじ
癌を宣告された小山内茉美は、その日偶然に仕事仲間を見かける。 すっかり変わり果てた仲間の神田は、記憶を失いたがホームレスとなっていた。 生き方が真逆な二人は一夜の再会を果たす。
・観客へのメッセージ
何が起きても最後まで生き抜きたいと思うものです。

ハイコウハイスクール

『ハイコウハイスクール』
山中芽衣監督

・あらすじ
舞台は夏の学校。授業を受けていると、集中力がなくなり、眠りに落ち、そこから少し違う世界へ。そしてそのちょっと奇妙な楽しい世界で、4人の女子高生達が学校の色々なところを使って踊ります。ダンスがあれば言葉はいらない。これもダンス、あれもダンス。
・観客へのメッセージ
ダンスに馴染みのある方、そしてない方にも、楽しんでみていただけたら、とても嬉しいです!

マッチポンプの少女

『マッチポンプの少女』
高岡尚司監督

・あらすじ
不思議な力を持つマッチ売りの少女アキと、会社を飛び出してしまったOLナカガワのひと夏の不思議な一瞬を切り取った物語。
・観客へのメッセージ
いつかあなたの元にも、アキがやって来るのかもしれません…。

G

『G』
監督:がらがらどんどこ団

・あらすじ
世界を新型ウイルスが襲った。愛郷心まみれの社会はパニックに。そんな時ある研究結果が発表された。「蒟蒻にウイルス予防効果が。」蒟蒻のシェア95%、しかし謎に包まれた秘境グンマーに白羽の矢が立つも調整は難航し…世界の行方はグンマーに託された。
・観客へのメッセージ
僕たちの愛郷心が生んだ群馬の魅力あふれるこの映画が、皆様の心の癒しとなれば幸いです。

walk along the river

『walk along the river』
grumb監督

・あらすじ
父と共にジョギングに出かけた息子が、この日初めて迷子になりました。 その数日後、 迷子で 泣いている 女の子 と 出会い 、 その子を 助けて あげました 。
・観客へのメッセージ
実話による 経験の経験の 記録 。 誰しもが身に覚えのある 記憶 。 作品にしてまでもしてまでも残しておくべき残しておくべきだとだと思いました思いました。

News

2022/01/08
2022年度鶴川ショートムービーコンテスト授賞式の結果を掲載しました。
2021/11/01
2021年度鶴川ショートムービーコンテスト授賞式・入選作品上映会・上原正三脚本作品特集を掲載しました。
2021/07/01
2021年度鶴川ショートムービーコンテストの詳細を掲載しました。
作品募集は2021年8月1日(日)から9月15日(水)まで、各賞の発表は2021年11月23日(火・祝)に行います。
詳しくは、応募要項のページをご覧ください。
2021/06/01
ホームページをリニューアルしました